経験がなくても、簿記2級資格は意味がある?【転職】

この項では既に一度、お仕事を経験された方が転職される場合についてお話しします。

新卒の方の項で、日商簿記2級=職業とはなりにくいとお話ししました。しかし、転職者の場合、企業側は即戦力を求めています。従って、採用要素の内、簿記2級が占める比重が新卒の方より重くなるかと思います。

インターネットで検索すると、『簿記2級があっても職務経験がなければ意味がない』というお話しもよく見かけます。実際、応募要項に『実務経験○年以上』と書いてあることもよくあります。もちろん、企業側にしてみたら、即戦力を探しているのだから、実務経験があるに越したことはありません。

しかし、中には『簿記2級以上、経験は問わない』と募集を出している企業も多くあります。私の場合は、ハローワークに紹介を求めたところ、数日で大手企業の紹介を受けました。正社員で、休日面、お給料や手当面も悪くはありません。その際、ハローワークの担当の方に「実務経験はないですが、簿記2級の資格だけで需要はあるのでしょうか?」と伺ったところ、「実務経験がなくても、経理担当者として、非常に需要はある」とご回答をいただきました。

また、資格はひとつの指標です。実務経験の内容は人それぞれですので、履歴書だけでは抽象的です。経験>資格だとしても、求人票の応募要項に『簿記2級以上』と書かれていれば、資格がないと実務経験が何年あっても履歴書を提出することも出来ません。

意外な転職先で、NPO法人があります。NPO法人を立ち上げ、運営するにも簿記の知識は役に立ちます。NPO法人は毎年、「財産目録」、「貸借対照表」、「活動計算書」を各都道府県に提出しないといけないと定められています。これは日商簿記2級の分野です。このように簿記の知識は思いもしなかったところで役立つこともあります。

簿記2級は、取得まで何年も要するものでありませんし、必ず学校に通わなければ取れないということもありません。自身のチャンスを増やすという意味で、もし転職までお時間が許すのであれば、挑戦されてみてはいかがでしょうか?

簿記2級取得で説得力がアップ!【就職】

ここでは主に新卒の方の就職に関するお話しをします。

年収の項でも述べましたが、税理士などと違い、日商簿記2級=職業には結びつきにくいでしょう。その為、簿記の資格を持っているというだけで、採用になることは少ないと考えられます。あくまで、採用を勝ち取る為のひとつの強みとして捉えなければいけません。
しかし、簿記の知識、経理の仕事はどの時代のどんな企業にも必要とされるものです。その為、好不況の影響を受けにくいという強みがあります。

また、接客業や営業が苦手という方や事務職を希望される方は、採用が決まった後に、配属される部署が希望通りに行く可能性が高まるでしょう。企業によっては、会社そのものではなく、希望する部署への志望動機を面接で聞かれる場合もあります。

これは、私の体験談ですが、あるTV局の面接で、総務・経理部への希望を出していたのですが、総務・経理部への希望者が少なく、逆に企業側も部署への志望動機が知りたかったようです。なんとなく、事務職がしたいと思っていたのですが、説得力のある発言が出来ず、しどろもどろになりながら答え、結局、不採用になってしまいました。
また、実際に働き始めた会社でも、販促に関わる部署を希望していたのですが、その部署には同期が採用され、私は接客の部門を担当することになりました。
後になって考えると、簿記2級の資格を取り、数字に強いこと、数字や会計が好きなことをアピール出来ていたら、結果は変わっていたのではないかと思います。資格を持っているということはその気持ちの裏付けにもなります。特に中小企業では、採用人数が少ない場合も多いので、簿記の資格が有利に働くはずです。

もし、余裕があれば、学生の内に簿記2級まで取得していることをお勧めします。大学生であれば、講義を利用して資格が取れますし、高校生でも独学で十分に取得することは可能です。

経理部で活躍する簿記2級【仕事】

簿記2級の知識の活躍の場は、様々な職種の様々な部署にあります。しかし、やはり活躍の中心の場となるのは経理部でしょう。果たして経理部と簿記2級はどのような関係があるのか。ここでは、経理部の仕事内容に簿記のどの知識が役立つのかを確認していきます。

【経理部の業務内容で、簿記の知識と関係のあること】

・出納業務 現金の出し入れや小口現金に関わる知識(3級)
・小切手・手形 小切手や手形の処理に関わる知識(3・2級)
・伝票の処理 取引を「仕分け伝票」に起こす作業。仕分けと伝票の知識(3・2級)
・請求書の処理 売掛金・買掛金に関わる知識(3・2級)
・会計ソフトの入力 仕分けの知識(3・2級)
・帳簿 複数の種類の帳簿をつけることが出来る知識(3・2級)
・消費税 消費税の申告・納付についての知識(2級)
・決算 決算の際、損益計算書や貸借対照表を作成出来る知識(2級)
・固定資産 固定資産の除却、廃棄、買替え、損失などの知識(2級)
・減価償却 固定資産の消耗を計算する知識(2級)
・引当金 決算の際、引当金を計算する知識(2級)
・棚卸 繰越商品についての知識、売上原価が計算できる知識(2級)
・繰述資産 創立費、開業費、開発費、株式発行費、社債発行費などが処理出来る知識(2級)
・経過勘定 前受収益、前払費用などが処理出来る知識(2級)

などがあります。
3級の勉強で、用語など主だったことは分かりますが、2級の知識を得ることで、より高度で込み入った作業が出来るようになります。
もちろん、各会社毎にやり方は違ってきますし、資格を持っているからといって、必ずしも即戦力として業務を遂行出来るとは限りませんが、知識がある場合とない場合では大きな差がついてきます。

簿記2級で年収アップ?【年収】

日商簿記2級は、税理士や公認会計士のように、=(イコール)職業という資格ではありません。しかし、一般経理事務の知識も身に付きますし、財務諸表を読む基礎を学び、企業の経営状況を把握する力を身につけるので、経営者やデイトレーダーなどの可能性も広がるでしょう。その為、目指す職種や企業によって、一概に年収をお話しすることは難しく、様々です。

私が受験した際、私はある中小企業に務めていました。その際、会社の指示で取得しにきたという同僚にばったり出会いました。その同僚は数ヶ月前に経理部の主任に昇進したばかりでした。簿記2級を昇進の条件や基準にする企業もあるようです。

簿記2級は、そのものを職業とするより、採用や昇給のツールとして考えた方が良いでしょう。
一般的な経理事務に従事した場合、年収はだいたい300~500万円程度です。(もちろん会社の規模や業種、勤続年数、在住の都市にもよります)
また、簿記を持っていると有利だと言われる銀行の新卒の方の年収がだいたい350万円程度と言われています。
そこに、職能手当や役職手当がもらえる場合があります。月に1,000円~万単位で支払って貰える企業もあるようです。また、会社によっては、役職に応じてボーナスの額なども変動してくるでしょう。

最後に、簿記2級を基盤に、電子会計事務などの資格を取ることも可能です。さらなる資格を取れば、さらなる昇給や優遇の足がかりになるかもしれません。また、その上の日商簿記1級に挑戦することで公認会計士や税理士の道も見えてきます。そうなると、資格=職業で独立も可能になるでしょう。