経験がなくても、簿記2級資格は意味がある?【転職】

この項では既に一度、お仕事を経験された方が転職される場合についてお話しします。

新卒の方の項で、日商簿記2級=職業とはなりにくいとお話ししました。しかし、転職者の場合、企業側は即戦力を求めています。従って、採用要素の内、簿記2級が占める比重が新卒の方より重くなるかと思います。

インターネットで検索すると、『簿記2級があっても職務経験がなければ意味がない』というお話しもよく見かけます。実際、応募要項に『実務経験○年以上』と書いてあることもよくあります。もちろん、企業側にしてみたら、即戦力を探しているのだから、実務経験があるに越したことはありません。

しかし、中には『簿記2級以上、経験は問わない』と募集を出している企業も多くあります。私の場合は、ハローワークに紹介を求めたところ、数日で大手企業の紹介を受けました。正社員で、休日面、お給料や手当面も悪くはありません。その際、ハローワークの担当の方に「実務経験はないですが、簿記2級の資格だけで需要はあるのでしょうか?」と伺ったところ、「実務経験がなくても、経理担当者として、非常に需要はある」とご回答をいただきました。

また、資格はひとつの指標です。実務経験の内容は人それぞれですので、履歴書だけでは抽象的です。経験>資格だとしても、求人票の応募要項に『簿記2級以上』と書かれていれば、資格がないと実務経験が何年あっても履歴書を提出することも出来ません。

意外な転職先で、NPO法人があります。NPO法人を立ち上げ、運営するにも簿記の知識は役に立ちます。NPO法人は毎年、「財産目録」、「貸借対照表」、「活動計算書」を各都道府県に提出しないといけないと定められています。これは日商簿記2級の分野です。このように簿記の知識は思いもしなかったところで役立つこともあります。

簿記2級は、取得まで何年も要するものでありませんし、必ず学校に通わなければ取れないということもありません。自身のチャンスを増やすという意味で、もし転職までお時間が許すのであれば、挑戦されてみてはいかがでしょうか?