簿記2級取得で説得力がアップ!【就職】

ここでは主に新卒の方の就職に関するお話しをします。

年収の項でも述べましたが、税理士などと違い、日商簿記2級=職業には結びつきにくいでしょう。その為、簿記の資格を持っているというだけで、採用になることは少ないと考えられます。あくまで、採用を勝ち取る為のひとつの強みとして捉えなければいけません。
しかし、簿記の知識、経理の仕事はどの時代のどんな企業にも必要とされるものです。その為、好不況の影響を受けにくいという強みがあります。

また、接客業や営業が苦手という方や事務職を希望される方は、採用が決まった後に、配属される部署が希望通りに行く可能性が高まるでしょう。企業によっては、会社そのものではなく、希望する部署への志望動機を面接で聞かれる場合もあります。

これは、私の体験談ですが、あるTV局の面接で、総務・経理部への希望を出していたのですが、総務・経理部への希望者が少なく、逆に企業側も部署への志望動機が知りたかったようです。なんとなく、事務職がしたいと思っていたのですが、説得力のある発言が出来ず、しどろもどろになりながら答え、結局、不採用になってしまいました。
また、実際に働き始めた会社でも、販促に関わる部署を希望していたのですが、その部署には同期が採用され、私は接客の部門を担当することになりました。
後になって考えると、簿記2級の資格を取り、数字に強いこと、数字や会計が好きなことをアピール出来ていたら、結果は変わっていたのではないかと思います。資格を持っているということはその気持ちの裏付けにもなります。特に中小企業では、採用人数が少ない場合も多いので、簿記の資格が有利に働くはずです。

もし、余裕があれば、学生の内に簿記2級まで取得していることをお勧めします。大学生であれば、講義を利用して資格が取れますし、高校生でも独学で十分に取得することは可能です。