簿記2級は自力で取得出来る【独学】

日商簿記2級は独学で取得する人もたくさんいます。もちろん、予備校や通信教育はフォロー体制が万全で安心ですが、決して独学で取得するのも無茶ではないレベルでしょう。独学で勉強する場合、最低3ヶ月は勉強期間を取りたいところです。1ヶ月で自力で取得したという方もいらっしゃいますが、簿記2級は試験の回によって出題の難易度にムラがあります。運悪く難しい試験の回にあたったとしても、確実に合格出来るよう勉強時間をしっかり確保しましょう。

最初の1ヶ月間はテキストを読むことに費やします。商業簿記は新たな取引として覚えなければいけない項目と3級+αの込み入った取決めや計算方法などが出題されます。工業簿記は一からの知識です。工業簿記が苦手という人は、テキストの内容が理解出来ないというケースが多い気がします。商業簿記も工業簿記も一度はテキストを流し読みし、全体像を掴み、さらにもう一度、理解出来なければ理解出来るまでしっかり読み込んでいきましょう。

また、基本的には1冊のテキストを読み込んでいけば十分だと思いますが、どうしても使用しているもので分からなければ、その箇所は別のテキストの内容も確認しましょう。もしくは、その項目だけ解説しているサイトや知恵袋、時にはyoutubeの動画などもあるので、活用してください。テキストによっては電話による質問が出来るサービスもあります。苦手項目は様々な手を使って理解した方が映像として記憶に残りやすいかと思います。

次の1ヶ月は練習問題を解いたり、本番レベルの問題を解説を見ながら解いたりすることに費やします。
最後の1ヶ月は本番レベルの問題を自力で、残り2週間を切ったら時間も計りながら過去問や予想問題を解いていきましょう。簡単に書きましたが、簿記2級ではくり返し問題を解くことが合格への鍵です。

簿記2級の勉強時間は平均200~300時間と言われています。理解度と進捗状況に合わせて1日の勉強時間を確保してください。


次のページからは、簿記2級の役立て方を解説!

独学では自信がない…という方には、さらに詳しい勉強方法を解説!
こんなことにも活用できる! さらに広がる資格の活かし方!